機械設計科(CAD 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 CAD技術者をめざす人の学科・資格・就職・業界情報ブログ 機械設計科

オープンキャンパス・体験入学

CADの授業(幾何公差)

2021年05月18日 CADの授業(幾何公差)

2次元CADでは幾何公差を題材にした課題に入りました。

幾何公差











今回は振れ公差の記入となります。

データムを中心として部品を回転させ、端部付近を測定した際の
指針の全移動量が 0.03mm 以下であればよいことを意味します。

意味的には直角度も同じですが、回転体の場合には全振れ
もしくは振れ公差を使うようです。

(masa)

n-37867734 at 12:34 | この記事のURL | |