機械設計科(CAD 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 CAD技術者をめざす人の学科・資格・就職・業界情報ブログ 機械設計科

オープンキャンパス・体験入学

機械設計科blog

2018年09月14日 大田ものづくり学2018 技能講習編

今までの「大田ものづくり学2018」の講義で【聞く】、「大田ものづくり学2018 工場見学編」で【見る】に続き、「大田ものづくり学2018 技能講習編」【体験する】として有限会社師岡板金製作所の師岡正雄氏に本校6号館3階の設計・製作室において、「板金・溶接の勘所」、「板金・溶接を行った時の材料の歪(ひずみ)」の話などをしていただき、そのあとにTIG溶接を実際に実演・指導していただきました。
20180914_師岡_1
















冒頭で「人前で話したことがないので、どうなるか?」とお話しされていましたが、2枚の板をL字に溶接、フランジ形状の溶接などを実際に黒板に板書し、どのように歪か、歪が出にくくするにはどうしたらよいか、などをわかりやすく説明していただけました。また実際に、設計によっては製造時間・コストなどの面に影響が出ることなど、学校の講義では教えることが難しい「現場」での知識を教えていただけました。
20180914_師岡_2










後半戦では実際にTIG溶接を行うときの注意事項(目、熱、感電等)に始まり、自分の工場で作成した見本品をみせながらの実演。
20180914_見本2
20180914_師岡_3






























希望する学生への実技指導。
残念ながら、時間的に全員は無理でした。
20180914_学生指導2

















また、2年生は最後に卒業製作の部品製作上のアドバイスまでしていただき、さらには「板金・溶接でわからないことがあれば工場まで来れば教えてあげるよ」とまで言っていただけました。20180914_卒業製作指導2


















我々教員だけで「製造」の現場での知識・技術に関してはすべて把握できる訳がありません。
そこで大田区の町工場の方々の知識・技術を目の前で【聞く】【見る】【体験する】ことができて学生は「幸せだなぁ」と思ったのですが・・・・

師岡板金製作所の師岡社長、大変ありがとうございました。
また、このような場を設けるために師岡社長を紹介していただき、さらにスケジュール調整までしていただきました非常勤講師のM川先生、大変ありがとうございました。

(oka)
















n-37867734 at 14:54 | この記事のURL | |

2018年09月14日 大田ものづくり学2018 工場見学編第2弾

昨日は今年度の7月に「大田ものづくり学2018 第7回」で講演いただいた株式会社上島熱処理工業所さんを見学させていただきました。
20180913_上島_前










上島熱処理工業所さんは、金属熱処理技能士、金属材料試験技能士の有資格者が多数おり、大田の工匠、現代の名工として知られる社員を有する技術・技能のスペシャリスト集団です。
20180913_上島_1










そのような会社を実際に見学させていただき、学生も”熱処理”の奥深さが理解できたのではないでしょうか。
”焼入れ”の方法ひとつとっても、材質の違いにより割れてしまった沿ってしまったりするので、加熱・冷却の方法が細かく工夫されていました。温度による組織変化に詳しくないと理解できないことです。
熱処理のどの過程でマルテンサイト化が始まるかを説明していただいたことは大変勉強になりました。
20180913_上島_5



20180913_上島_3
























最先端の真空炉も見せていただき、遠隔操作(極端なことを言えば自宅や出張先からも真空炉を操作できる)の一部を紹介してもらい技術の進歩に驚くばかりでした。
20180913_上島_6











学生は異種材料の溶接に効果的な”圧接”にも見入っていましたね。
20180913_上島_4












通常の機械部品や工具類の熱処理に加え、医療機器や航空機部品まで幅広く対応するために、JISの認定の取得から、更に数多くのISOの認証を得て活躍の場を広げているようです。

貴重な見学の場を与えていただき、ありがとうございました。
(masa)

追記:学生が「誰よりもmasa先生の目が一番輝いていた」と言っていました。
(oka)

n-37867734 at 9:6 | この記事のURL | |

2018年09月06日 「ものづくり体験&しごと発見教室2018」八王子校開催

仕事列

8月23日(木)
「ものづくり体験&しごと発見教室2018」が開催されました。
朝早くから多くの小学生と保護者の方にご来場いただきました。
機械設計科1年生が小学生と一緒に模型飛行機の製作を手伝いました。

n-37867734 at 16:58 | この記事のURL | |

2018年09月06日 大田ものづくり学2018 第9回

今年度の「大田ものづくり学2018」も今日を含め残り2回と大詰めを迎えております。
今日はムソー工業株式会社の尾針 徹治社長に「未来を設計しよう!」というテーマで講演していただきました。
ムソー工業さんは引張試験片や曲げ試験片、疲労試験片など、試験片の製作をメインにしている会社です。
20180906_試験片











講演を聞いて、多くの会社が新素材の開発に力を入れている様子が伝わってきました。試験片はものづくりの大前提で、設計段階で強度を考えることになるので、独自性の高い新素材を使用した製品は必ずアピールポイントになりますからね。
そんな材料の重要性を事故動画をまじえて、衝撃的に伝えてもらいました。
20180906_事故











また「未来を設計しよう!」という講演テーマから”あなたはどんな未来を生きたいですか?”という質問には学生が悩んでいましたね。
普段の授業と違って、最終的に自分の人生を決めることですから簡単には結論は出ないと思います。ゆっくり考えましょう!

尾針社長が考える理想の未来は、平和で、皆の心が豊かで、「子どもたちが笑顔でいられる世界」だそうです。
20180906_こども










そのために大企業ではなく町工場だからできることを考え、キッズプロジェクトを立ち上げたり、周りの人を喜ばせ、社会の役に立つことを常に考えたり、大したものです。

今日の講演は就職を目指す学生、家業を継ぐ学生、立場は違ってもそれぞれの学生が自分と向き合う良いきっかけになったと思います。
20180906_集合写真




本日は、貴重な講演ありがとうございました。 (masa)

n-37867734 at 16:13 | この記事のURL | |

2018年08月25日 八王子キャンパス特別講義「自動車の魅力・可能性〜デザイン・整備・未来〜

8月19日(日)夏季休暇中ですが登校日に、特別講演「自動車の魅力・可能性〜デザイン・整備・未来〜」を開催いたしました。
片柳学園理事であり元レーシングダライバーの黒須隆一先生とムーンクラフト株式会社代表取締役であり
日本工学院顧問の由良拓也先生に自動車の魅力について講演をしていただきました。今回さらにモータスポーツアナウサー&ジャーナリストの中島秀之様に司会進行をお願いいたしました。自動車レースの黎明期に活躍した黒須先生のお話しから由良先生のレーシングカーデザインについての分かりやすく中島様が解説を加えていただき学生たちは興味を示していました。
8月19黒須




n-37867734 at 15:47 | この記事のURL | |