機械設計科(CAD 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 CAD技術者をめざす人の学科・資格・就職・業界情報ブログ 機械設計科

オープンキャンパス・体験入学

機械設計科blog

2019年07月04日 大田ものづくり学2019 第6回

本日の「大田ものづくり学2019」第6回は、ヱビナ電化工業株式会社の海老名 伸哉社長に「次世代めっきのパイオニア」というテーマで講演いただきました。

20190704_1
























ヱビナ電化さんは、“めっき”を専門にしている会社です。“めっき”というと私なんかは金属をイメージしてしまいますが、ヱビナ電化さんが得意としているのはガラスやプラスチック、セラミックス、複合材などに行う”めっき”です。話を聞いていると他社では真似のできない技術を確立するため、技術開発の研究に力を注いでいることがよくわかります。

20190704_2













自社の理念から社長として目指していること、それを実現させるための環境づくり等、学生たちに伝えていただきました。また、日本の高齢化社会を背景に、中小企業の役割、生産性を意識した仕事への取り組み方についても触れていただきました。
そして現状維持(”ぬるま湯”と表現されていました)ではなく常に新しいものに挑戦するために、視野を広げ、今後の方向性を見極めるため海外視察を積極的に繰り返す社長の姿には好奇心を掻き立てられたのではないでしょうか。

20190704_3





貴重な講演ありがとうございました。

(masa)


n-37867734 at 16:51 | この記事のURL | |

2019年07月01日 特別授業 空気圧機器の特徴と空気圧回路を学ぶ

【機械設計科】 八王子キャンパス
6月22日(月)
SMC 株式会社様に学生限定入門コースの

空気圧機器の基本特性や特徴および空気圧回路の実習を実施していただきました。
工場で使用されている圧縮空気を利用したアクチュエータや空気圧回路を学びました。(担当 高地)

64635470_1280105975481160_1788133445264736256_n

n-37867734 at 14:9 | この記事のURL | |

2019年06月27日 大田ものづくり学2019 第5回

本日の「大田ものづくり学2019」第5回は、3年ぶりの登場となる有限会社 東蒲(トウホ)機器製作所の高橋 俊樹社長にお願いしました。タイトルは、「モノづくりネットワークから学ぶこの先の未来」というテーマで講演いただきました。
20190627_0
















東蒲機器製作所さんは、金属加工を専門にしている会社で、製品は土木用アンカーからスタートし、鉄道車両用ダンパーや医療機器部品への開発と拡大させていったそうです。アンカーの技術はスイスの企業から数十年前に学んだようですが、日本では初めて手掛けた会社です。

20190627_1












今日の講演は、会社の経営状況が厳しい中、どのようにしてその困難を乗り越えてきたかという社長の体験談を通して、学生時代の今できること、入社後の仕事に対する意識の持ち方、心構え等、伝えていただきました。
自分が積極的に行動することで人脈が広がり、それが最終的には新たな仕事に結び付くというメカニズムが少しわかったような気がします。日本全体での仲間回し、期待しています。
20190627_2









意識しなくても社長が言うように、皆さんの行動は見られているものです。常に考え、脳に過負荷をかけて、社会人としての信用を掴み取りましょう!
20190627_3




  (masa)

n-37867734 at 17:27 | この記事のURL | |

2019年06月26日 大田ものづくり学2019 工場見学編第1弾

本日、「大田ものづくり学2019 工場見学編」として6月19日(水)に舟久保社長に講演していただいた(株)昭和製作所に見学に行きました。
20190626_1











ご講演いただいた企業様の製造現場を見学させていただくことにより、講義を「聞く」だけでなく、自分で「見る・体験する」ことによってより知識を深めてほしいと考え実施しました。

最初に会社の方から、会社の概要を説明していただき製造現場の見学をしました。
20190626_2












昭和製作所様のメインの業務は材料試験片の製作ですが、「材料試験片」と言われても実際に材料試験をしたことなない学生には????という感じかなと思います。
しかし、実際の製品の一部分から、図面通りに試験片を切り出すために使われる機械が多種多様であり、様々な高度な技術が必要であることが学生にもわかったと思います。

20190626_3











20190626_4

















見学が終わった後に質疑応答の中で、私としては「未知の材料に対して刃物を当てた瞬間にその刃物で加工できるかどうか判断できる」というお話には、「さすが大田区の工場の職人技のすごさ」が感じられました。
最後に学生に対して「加工しやすい図面を描いてほしい」という話がありましたが、加工を「知っている」「経験したことがある」ということが設計者の強みで、「加工のことを考えて図面を描く」が重要であることを理解してほしいと思いました。

暑い中、学校から30分歩いて移動した学生達、お疲れさまでした。
見学したことが今日わからなくても、いつか何となくわかる日来ることを願います。

最後に、見学させていただきました(株)昭和製作所の皆様に感謝したいと思います。ありがとうございました。

(oka)

n-37867734 at 16:46 | この記事のURL | |

2019年06月20日 大田ものづくり学2019 第4回

 昨日の「大田ものづくり学2019」の第4回は株式会社昭和製作所の30代という若き舟久保社長にお願いしました。講演テーマは「仕事と生き方」というテーマでした。

20190619_01






















 昭和製作所さんは、主に研究開発用の引張試験片や超音波探傷試験片を製作しています。開発用なので、合金元素もはっきりせず、まだ世の中に出ていないような材料を取り扱っています。今日は技術的な内容というよりも、社長の経験から仕事とどのように向き合ってきたかを語っていただきました。苦労を乗り越えて、幸せや嬉しさを感じながら仕事ができるようになるまでのエピソードを含めた話は、まさに”仕事と生き方“という内容でした。

20190619_02












 社員の方々がやり甲斐や自分の成長を感じながら仕事ができる環境づくり、そのために常に考え、コミュニケーションを大切にしながら経営されているということ、また大田区の多くの企業が悩んでいる後継者問題にも多くのアイデアを出し積極的に取り組んでいる姿、とてもよく伝わってきました。学生の皆さん、自分にしかできない事をよく考え、唯一無二の存在となって、皆で幸せになりましょう!

20190619_03



(masa)

n-37867734 at 8:47 | この記事のURL | |